高岡・氷見の雨晴海岸の景色がやばすぎる件。富山の名所です。

2015年8月18日

みなさんこんにちは!

先日はあいやまガーデンに関する記事を書きましたが、そこから帰るときに道路標識に、何やら素敵な景色の写真看板が。
それが「雨晴海岸」だったのですが、ここまで来たし、ついでに寄っていくか!と気軽なノリで行ってきました笑

[adsense]

国定公園の様です。

看板にしたがって車で移動すること8キロ。およそ15分ほどでつきました、雨晴海岸。

いやーーーーなんと素晴らしい景色か!!!

今まで来たことがないと言うのが悔やまれるほどでした。
実はこの雨晴海岸、富山県民にすれば地元テレビの影響でそこそこに有名なんです。

というのも、天気予報で使われている背景がこの雨晴海岸。
今までなんとなーく見てたけど、確かに実際に来てみると使いたくなる気持ちがわかりました。

どうやらここは、能登半島国定公園に含まれているそうで日本の渚百選に選ばれているそうです。
さくら百選と言い、渚百選と言い、日本人は百選が好きなんでしょうか笑

海水浴客もいっぱいでした

IMG_7917

すでに海岸は海開きされていた様で、海水浴に来ている他の方もたくさんいらっしゃいました。

皆さん気持ちよさそうに泳いだり、サワガニみつけたり、ヤドカリ集めたりと楽しそうでした笑

IMG_7938

ここには洞穴とはちょっと違うけど、岩穴?みたいなものも。

IMG_7944

帰ってから調べてみると、どうやら「義経岩」と呼ばれる岩だった様です。

IMG_7929

源頼朝から逃れた源義経一行が、奥州の藤原氏の元へ行く道すがら、この辺りに来た時ににわか雨が降ったとか。
その雨が晴れるまで雨宿りしたのが、この義経岩(別名:雨晴岩)だそうです。

こんなところもあるんだなーと知らない事がまだまだたくさんあって、なかなかおもしろいですね。

ここも富山の立派なデートスポットになるのでは無いでしょうか

今回は氷見のあいやまガーデンのついでに訪れた、この雨晴海岸。
実際に行ってみると、どちらもすごく楽しくて見る景色はどこを見ても素晴らしい物でした。

富山県内で「どこも行くところがないなー」とか、最近のデートがマンネリ化してるカップル、夫婦は訪れてみては如何でしょう?

写真を撮影するのが好きな方は特に楽しめると思います。
もちろん、そうでなくてもしっかり楽しめる!

またこうして、色んな所を巡って行きたいと思います。