【ボディソープ おすすめ】シャンプーだけじゃない!成分表はしっかりと確認するのが良さそうです

2019年4月30日

シャンプーやリンスに気を配る方は最近増えてきていますよね。かく言う私もその一人。
でもあまりボディソープにも気をつけている人、こだわりを持っている人ってあまり聞かないですよね。

シャンプーやリンスにしっかり気を配れているなら是非ボディソープにも!
これも毎日自分の体につけているとても大切な洗浄剤ですよ!

[adsense]

ボディソープに入ってると良くない?成分

シャンプーでもダメだと、ボディソープでもダメのようです!

先日、美容師おすすめシャンプーの調査まとめ記事をかかせて頂きました。

http://dafsan.xyz/cat3/shampoo

この記事の中でも登場してきている、

  • ラウリル硫酸Na
  • ラウレス硫酸Na

この2つはどうやらボディソープでも同じく、あまりよろしくない成分とされています。
まぁどちらも洗浄力が強く、皮脂を取り除くため皮膚や眼などに炎症を起こす可能性があるなんて記載があるほどなので、ボディソープでも同じだろうことは容易に想像できます。

また、今回ボディソープを調べる上で、いくつか新しくよろしくない成分として登場してきたのでご紹介します。

パラベン

この成分は主に「防腐剤」として用いられます。
ボディソープの他に、化粧水などにも多く用いられていて、「パラベン」表記の他に「パラオキシ安息香酸エステル」といった表記で書かれる場合もあり、どちらも同じものを示すようです。

この物質の特徴は、「アレルギーを起こしやすい物質」ということ。

まぁ合成界面活性剤の様な、洗浄力のある界面活性剤(ラウレス硫酸とかそのあたり)のある商品と一緒に含まれていなければあまり気にする必要がないとの記事もあったり、特に問題ないよーってしているメーカーも幾つか見受けられたので、そこは自分で選択する必要があります。

ただ、入っているものと入っていないもの、どちらかを選ぶ必要がある場合は、防腐を加味する必要がなければ断然に入っていない方なわけです。

PEG-○○

これはちょっと記載するか悩んだところなんですが、一応掲載します。
調べてみると、

人体に無害で医学から考古学まで広い分野で用いられている。入浴剤では「とろみ成分」や湯ざわりを滑らかにするために用いる。

http://new49.com/dic/_peg-65m.html より

との記述があるんですが、今回調べる上で、化粧品毒性判定事典と言う本がよく登場してきました。
どうやらその中には、パラベン同様、界面活性剤で発ガン物質だったりするとか言う記載があるようです。↓

なので一応掲載しておきます。どちらの情報を選択されるかはみなさんご自身で判断する必要がありますね。

成分的にはこれがいいかも?

じゃあ調べた結果、具体的にはどれが良いんだ!って話になりますが、「ボディソープ おすすめ」で検索するボディソープはことごとく紹介してきた成分が入っていました笑

シャンプーの時みたいに簡単に候補がでてくるわけではなくちょっと大変だったので今回は2つのアイテムのみの紹介になりました。
申し訳ありません。

これぞ無添加!「無添加ボディソープ白いせっけん」

成分表を見ると、「水、カリ石ケン素地、石ケン素地」の3つのみ!凄くシンプル!!
この成分へのこだわりは製造会社のHPにも紹介されていて、かなり成分にはこだわりがあるようですね。

ただ、1つの懸念がいい香りがするのかどうか?ってところですね。

石鹸そのもののいい香りがすると思うので、それで満足できればOK!でもちょっとでも華やかな香りが欲しいなーなんて方には合わないかもしれないですね。

一応、泡タイプもありました。

泡タイプもリキッドタイプもどちらもかなりリーズナブル!
ちょっとイイものを!ってお求めの方には物足りないかもしれないですが、ちゃんとした成分のものを、って方には問題ないですよね。

香りもしっかり楽しみたい方に!「アンティアンティ」

先ほどのボディソープとは変わって、少しリッチなボディソープです。
これも成分表の確認をしましたが、問題ないであろう成分+香料として幾つかの成分が含まれている程度。
私は香料くらいなら問題ないかなーと判断しています。

香料として、ラベンダー油とかローズオットー油とかが含まれているのでバラの香りがするボディソープ。
商品説明にも「バラの香りで全身ケア。厳選された世界中のローズの花をふんだんに使った、贅沢なボディソープ。洗った後のからだにほんのりとバラの香りが漂います。使い続けるうちに、クリアな肌に。」とあるので、香りも楽しみたい方にはピッタリではないでしょうか。