2015年 夏 甲子園が終わりました。東海大相模の皆さんおめでとう!

2015年8月21日

今日の13時から、神奈川県の代表東海大相模と、宮城県代表の仙台育英で甲子園の決勝戦が行われていました。
仕事だったのでリアルタイムでは観戦できませんでしたが、休憩時間を使ってテキスト速報を見たり、中継写真や映像を見て楽しんでいました。

去年はあまり気にしていなかった、この夏の甲子園。
それが何故か今年はとても気になってしまい、朝出勤前にライブ中継みたりして高校球児の姿をテレビの前やPCから見て応援していました。

富山県代表の高岡商業も頑張ってました

今年の甲子園は注目選手がとても多くいたのが特徴的でしたね。

最も注目されていたのは、早稲田実業の清宮くんでしょうか。同じく早実からは加藤くんと言うスラッガーや、優勝した東海大相模の2枚看板エース、小笠原くんや吉田くんも注目の的でしたね。
また、準優勝の仙台育英からはエースピッチャー佐藤くんも。更には関東一高からはナイジェリア人と日本人のハーフ、オコエくんも大変注目されていました。

さて、我らが富山県代表の高岡商業ですが初戦の相手はそのオコエくんのいる関東一高。
オコエくんはプロ注目の選手でなんと50m走5.9秒だとか。恐ろしい走力ですね。もちろん打力も凄まじく、HRも東京大会で量産していたとか。

そんなオコエくんが属する強豪関東一高相手に、とてもドラマチックな試合を繰り広げてくれました。

3回の攻防が終了した時点で8-0で負けていた高岡商業ナイン。
「序盤にこれだけ点数とられたらもうダメかも…?」なんて思っているとどうでしょう。

その次の回の攻撃になんと7点を取り返すではありませんか!
たまたまその回の攻撃はライブ映像を見ることができていて、鳥肌がたちました。
しかも6回の攻撃で更に1点を返し同点に!高岡商業ナインの粘り強さには脱帽です。

しかし関東一高はさすが強豪ですね。
同点に追いつかれた次の回には2点の追加点。強豪と言われる所以がこう言うところにありそうです。

しかしまたまた高岡商業ナインは粘りの野球を魅せてくれます!
次の攻撃でまた追いつくではありませんか!!笑
白熱した展開に、思わず休憩を多くとってライブ見てました。社長ごめんなさい。

そうやって追いつき離されの展開が繰り返し、結局は12-10の大乱打戦の末関東一高に敗れてしまいましたが、本当に素晴らしい試合を繰り広げてくれた高岡商業ナインは本当に素晴らしかった。
彼らの姿に本当に感動しました。

その後も注目のカードが目白押しの大会でした

準決勝以降の試合は本当にどれも注目のカードで、なんで仕事休みじゃないんだろうかと本気で思ってました。

その他にも、個人的にとても見ていて面白かった(ちゃんと休憩中ですよ)のは3回線の中京大中京vs関東一高の試合です。
中京大中京のエース上野くんと、関東一高の捕手鈴木くん。二人はなんとシニア野球でバッテリーを組んでいたそうです。

その二人が高校進学で別れて、最後の夏に戦う。
なんてドラマティックなんだろうと。

実際、二人が戦う姿はどちらも笑顔で野球を純粋に楽しんでいるのがとても伝わってきました。
こういうの見ると、青春っていいなぁと年寄り臭いことを本当に思ってしまいます。

大会全てを通じて、やはりどの試合も白熱した展開がありとても見ていて楽しい大会でした。
プロよりもよっぽど純真で、澄んだ心で見れてた気がします笑

本当に感動しました。来年は有給とってしっかり見ようかなぁ…笑