野外実践編!|一眼レフ初心者がマニュアル撮影でiPhoneに勝てるまで-Part5

2019年4月30日

このカメラシリーズを始めてから、初めて屋外へ出て勉強してきたことを実践してきました!
絞り値・シャッター速度・ISO感度の他、ホワイトバランスと言う白さの調整についても重要さを改めて実感しました。

[adsense]

各種設定値

今回は初めて屋外に出て、都度都度適正な設定値に変更して撮影を行いました。
場所は群馬サファリパーク。

屋外で天気は快晴!すばらしい旅行日和でした。
またサファリパーク(動物園)ということで、日向もあり日陰もあり、または小屋内の撮影もありと、いろんなパターンを体験することができました。
基本的には以下の様な設定でした。

絞り値

基本的にはF5.6などの低い数値で撮影を行っていました!
まぁ撮るべき対象が風景ではなく動物たちと決まっているのでそんな感じですね。

たまに動物の集合写真みたいなのを撮るときは、グッと絞り値を高くしてF20とかでも撮影してますが、基本は低い数値です。

シャッター速度

この数値は次のISO感度同様、本当にいろんな設定になりました。

撮っては確認して調整、撮っては確認して調整…と繰り返し作業です。
シャッター速度が早い=暗めの写真になること、ISO感度によってその明るさも大きく変わってくることなどによりものです。

なので今回の話ではこれくらい、と目安すらもお伝えできません…申し訳ない。

ISO感度

これは基本的にグッと低い数値で撮影していることが多かったです。
というのも、当日の天気は快晴。とても明るい環境下で撮影することができていました。

もちろん、屋内写真や日陰なんかでは低いままだと暗い写真になったりするので、その都度調整はしていましたが、最低値のママ撮影していることが多かったと思います。

実際に撮ってみた

先程も言いましたが、場所は群馬サファリパーク!
過去に富士サファリパークに行ったことがあったのですが、群馬は初めて。とてもワクワクして行ってきました。

今回、一眼レフで撮影するのに夢中でiPhoneでは撮影していませんでした。
なので比較なしです。すみません…笑

でも。いいわけですが、これまでの記事的にやっぱりiPhoneより一眼レフのが良い写真が撮れるってことがよくわかっているのではないでしょうか!?笑

すみません。以下ギャラリーです。どぞ。

IMG_8240

フラミンゴさん。動物園の定番ですかね。

IMG_8311

これはエミューです。斜め45度のイケメン角度。強そうな感じですが、エサをやるときはかなりソフトリーに素早くエサを取っていく鳥さんです。

IMG_8278

かわえぇ…。ユキヒョウです。初めて見ました。まんま猫。
撮影としては日陰だったのでシャッター速度、ISO感度に気を使いました。

IMG_8286

これはジャガーさんです。ヒョウなどとあまり違いがわからんですが…可愛いです笑
この写真では、檻がピント合わせの肝でした。なかなか合わせづらく大変でしたがなんとか撮影できました!

IMG_8255

失敗写真その1です。他にも失敗しているのはあるんですが次の写真と比較できると思うのでピックアップ。

IMG_8257

この写真、実は上の写真と同じ場所で同じ時間帯で撮影しています。
変わったのはシャッター速度とISO感度。この2つの設定でここまで写真が変わるんだなーと実感しています。

IMG_8374

百獣の王、ライオンさん。お昼寝中でした。
サファリパークということで、基本的には車内からの撮影。ガラスの色だったり反射が邪魔をして中々気持ちよく撮影ができないのが悔しかったです。
そのため若干緑がかった写真が多かったのが今回の反省点です。

IMG_8375

失敗写真その2。フラミンゴとかの写真は触れ合いゾーンみたいなところで撮影しているので、都度設定の変更が比較的容易に出来るんですが、この車からの撮影では中々そうは行きませんでした。
とっさに設定を変更しなければならず、これはその失敗例です。

IMG_8376

この写真、上の写真の再設定後に撮影した同じ場所の写真です。やっぱり日陰のためまだまだ暗い感じがするし若干緑がかっていますが、違いを見るにはバッチリですね。

IMG_8389

ライオン。というか猫ですよね。やっぱり笑
これは下に寝ているメスライオンとオスライオンが戯れているところを切り取ったワンシーン。
メスライオンにちょっかい出して怒られていました笑

IMG_8438

ここからは車で移動するサファリゾーンが終わったあと、パーク内にある動物エリア。
30cmの距離で動物を見ることができました。有袋類が袋の中に赤ちゃん入れているの初めて見たかも。

IMG_8437

結構上手く取れたと自画自賛している写真の1つです笑
アップで絞りを低く、綺麗に撮れると気持ちがいいです。

IMG_8462

これはそのエリアでフライングショーという、鳥に特化したショーの1部分。ミミズクが飼育員のお姉さんのもとに飛んで行くところを、シャッター速度グッと早くして撮影してみました。
素早さを感じるにはある程度速度を遅めにしてブレさせる必要があるかと思いますが、今回は綺麗に切り抜きたいと思ったので狙い通りの写真が撮れました。

IMG_8500

最後にショーで活躍してくれた鷹のローラ。キリッとしてカッコ良かったです。

まとめ

さて、今回の実践編では本当に色々と設定を変えては撮影、変えては撮影を繰り返した結果をお伝えしました。
上手く撮る事に必死で、あまり解説できなかったのが悔やまれます笑

でもやっぱり、これまで勉強してきた基本的な3つはとても大切だなーと実感しました。
特に明るさの調整が肝要ですね。いい写真はまずは見えてるかどうかからです笑